世界を変えるイノベーションを京都から

イノベーションを励起するには特別な空間が必要です。

フェニクシーのインキュベータ施設「toberu」は、起業にチャレンジする人、それを支援する人たちが自由に立ち寄り、アイデアや経験を交換し、自己効力感を高める場所です。

開放性と閉鎖性、歴史と現代、多面性を持つ京都の町全体がエコスステムとして機能する、私たちの「toberu」はそんな未来のスタート地点です。

フェロー(プログラム参加者)は4か月間、ここ「toberu」に居住し、それぞれの事業アイデアを磨きながら競争・協創します。平日は、フェニクシー・フードインキュベータの調理スタッフが朝食と夕食を提供します。

Photo by Yurika Kono

場所・アクセス

会社概要・アクセス」ページに詳しい場所・行き方を掲載しています。