赤畑 渉|Wataru Akahata

スペシャルフェロー|Special Fellow

現職
経歴
  • 1997年、東京大学教養学部基礎科卒業後、京都大学大学院人間環境学研究科に入学、速水正憲教授のもと HIV ワクチンの開発研究、博士号取得。
  • 2002年から2012年まで、アメリカ国立衛生研究所(NIH)ワクチン研究センターに勤務。
  • 2009年よりウイルス様粒子(VLP)を使ったチクングンヤ熱のワクチンを開発する。研究成果の論文が、英科学誌「Nature Medicine」に掲載され(VLP の写真が表紙を飾る)、世界的に注目される。
  • 2010年、チクングンヤウイルスワクチン開発で NIH ワクチン研究センター賞。
  • 2012年、同ワクチン他3種類のアルファウイルスワクチン開発で NIH 最高の賞である NIH Director’s Award を受賞。
  • 2013年に VLP を使って新薬を開発するため、米メリーランド州(ワシントン DC 郊外)に VLP Therapeutics(VLPT)を創設し、CEO に就任。
  • 2018年、文部科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)より科学技術への顕著な貢献を表彰する「ナイスステップな研究者」に選定。
  • 2019年2月、VLPT が独自技術で開発したマラリアワクチン候補の新規物質の臨床試験を開始。
  • 2020年6月、VLP Therapeutics Japan 合同会社(VLPTJ)を創設し、代表職務執行者に就任。
  • 2020年8月、日本医療研究開発機構(AMED)「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」2次公募で VLPTJ 課題「自己増殖RNAテクノロジーを用いたわが国における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発」が採択され、治験開始に向けて研究開発を進める。