奥井剛

Go Okui

経歴

2007年にニューヨーク州立大学アルバニー校卒業後、民間企業に勤務。実務の傍ら哲学を独学し、2014年に京都大学大学院総合生存学館(思修館)に入学。以降、ハンナ・アーレントの政治哲学を中心に研究を進めている。

実践的研究の一環として、2016年にJICAの青年海外協力隊の短期ボランティアとしてバングラデッシュの地域開発プログラムに、2017年にUNESCO・パリ本部人文社会科学セクターの研究・政策・先見課の研修生として人文・哲学のプログラムにそれぞれ従事した。2018年にはMind & Life Instituteのコンサルタントを務めた。

2019年3月に同大学院一貫制博士課程を満期退学し、現在は同大学院の非常勤研究員およびフェニクシーの哲学コンサルタントを務めている。