飯島 由多加

取締役、最高広報国際責任者

VLP Therapeutics Japan 合同会社 国際広報・IR部長 | Director of Global Communications and IR, VLP Therapeutics, Inc.(米国メリーランド州)

京都大学 研究員(2007~2010年)・職員(2010〜2020年)として、

  • 文部科学省 WPI(世界トップレベル研究拠点プログラム)の京大 iCeMS(物質-細胞統合システム拠点)で国際広報セクションリーダー(2007〜2013年)
  • 農学研究科理学研究科などで国内外機関との共同研究・生物資源移転の契約実務、海外からの賓客対応、国際室の立ち上げ等(2013〜2016年)
  • 米国ワシントン DC の Halcyon Incubator でインキュベーションプログラム運営補助、広報主担当(京大からの職員派遣/2017〜2018年)
  • 京大本部でノーベル賞授賞式にかかる同財団との代表連絡者・ストックホルム現地リエゾン、海外校との学術交流協定の締結、戦略的パートナーシップ事業の立ち上げ支援など、全学的な国際交流に従事(2018〜2020年)。

京都大学を2020年5月に退職し、同年6月に広報・国際開発ディレクターとしてフェニクシー入社。2022年4月より現職。

戦略広報修士(米国ジョージワシントン大院)、社会学学士・マスコミュニケーション専攻(関西大)、知的財産管理技能士2級、TOEIC 990/990 点、ISO 9001 主任審査員コース合格、Sun 認定 JAVA プログラマー試験合格。京大理学部ロゴ制作者。Working with Public Information Officers (Meredith, 2010) 訳書『広報とのつきあい方』翻訳者。ウィスキー愛好家。ランナー(2013〜2017年の走行距離 11,107 km)。